PHP Australia Conference 2015

oci_error

(PHP 5, PECL OCI8 >= 1.1.0)

oci_error最後に見つかったエラーを返す

説明

array oci_error ([ resource $resource ] )

最後に見つかったエラーを返します。

この関数は、エラーが発生した直後にコールしなければなりません。 文の実行が成功すると、エラーはクリアされてしまいます。

パラメータ

resource

大半のエラーでは、resource は関数コール時に渡されたリソースハンドルとなります。 oci_connect()oci_new_connect()oci_pconnect() の接続エラーの場合は resource を渡しません。

返り値

もしエラーが見つからない場合、oci_error()FALSE を返します。それ以外の場合は、 oci_error() はエラーの情報を連想配列で返します。

oci_error() の配列の形式
配列のキー 説明
code integer Oracle のエラーコード。
message string Oracle のエラーメッセージ。
offset integer SQL 文の中でのエラーが発生した場所のバイト位置。SQL 文がない場合は 0 となります。
sqltext string SQL 文のテキスト。SQL 文がない場合は空文字列となります。

例1 接続エラー後の Oracle エラーメッセージの表示

<?php
$conn 
oci_connect("hr""welcome""localhost/XE");
if (!
$conn) {
    
$e oci_error();   // oci_connect のエラーの場合、ハンドルを渡しません
    
trigger_error(htmlentities($e['message']), E_USER_ERROR);
}
?>

例2 パースエラー時の Oracle エラーメッセージの表示

<?php
$stid 
oci_parse($conn"select ' from dual");  // クォートが間違っていることに注意
if (!$stid) {
    
$e oci_error($conn);  // oci_parse エラーの場合は接続ハンドルを渡します
    
trigger_error(htmlentities($e['message']), E_USER_ERROR);
}
?>

例3 実行エラー時の、 Oracle エラーメッセージと問題となった文の表示

<?php
$stid 
oci_parse($conn"select does_not_exist from dual");
$r oci_execute($stid);
if (!
$r) {
    
$e oci_error($stid);  // oci_execute のエラーの場合、ステートメントハンドルを渡します
    
print htmlentities($e['message']);
    print 
"\n<pre>\n";
    print 
htmlentities($e['sqltext']);
    
printf("\n%".($e['offset']+1)."s""^");
    print  
"\n</pre>\n";
}
?>

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
0
alvaro at demogracia dot com
1 month ago
Please note that, unlike equivalent functions in other DB extensions, skipping the resource argument is not synonym for "just get last error".
To Top